渋谷区の小児歯科の特徴

渋谷区にある歯医者さんの中には、診療科目の中に小児歯科があるところと、ないところがあります。小さなお子さんが虫歯の治療をする場合は、一般の歯科ではなく、小児歯科がある渋谷区の歯医者さんを選ぶ必要があります。

渋谷の小児歯科の情報をご案内しているサイトです。

渋谷区の小児歯科の特徴は、成長期にある子供の顎や歯は日々成長し変化しているため、その変化を踏まえた上で問題を取り除き、健全な成長をサポートすることです。



たとえば、乳歯は永久歯に比べてエナメル質も象牙質も薄いと言う特徴があります。永久歯と比べると半分ほどしかありません。

そのためむし歯菌による浸食が大人の歯と比べて各段に早く、虫歯が進行しやすいという問題があります。



また、乳歯は永久歯に比べて溝が深く、食べ物のカスが貯まりやすいという特徴もあります。
そのため磨き残しが多くなってしまい、より一層虫歯になりやすくなってしまいます。このような大人の歯とは全く違うのが子供の歯なのです。


渋谷区にある小児歯科では、このような問題をしっかり把握している専門医が、きちんと対応しています。
さらに、小さな子供は自分では歯磨きを上手にできません。

親がお子さんの歯磨きを手伝ってあげていても、歯の汚れをきちんと落とすことが難しいため、歯磨きの仕方を丁寧に教えていくということも行っています。


初めての歯医者の場合、緊張と不安で泣き出してしまうお子さんも多いので、いかに安心して治療を受けることができるか、このあたりの腕の見せ所です。